せっけん仲間

友達に手作りせっけんをプレゼントしたら、これが大うけ。
使い心地のよさにみんな感動したみたい。

そのうち何人かは実際に作ってみる!って。
苛性ソーダの取り扱いだけは気をつけてね、って声をかける。

みんなどんなせっけんを作るかなぁ。
やじめはやっぱりオーソドックスにオリーブメインのせっけんかな。
初めて作ったときは、本当に感動したもん、私も。
あの感動を一人でも多くの人に・・・って思っちゃう。

昨日、午前中、所要で会社をお休み。
時間はほんの少ししかなかったけど、私もひとつ仕込んだ。

 オリーブオイル
 ココナツオイル
 パームオイル
 アボガドオイル
 ひまし油
オプション
 竹炭 クリスタルメンソール はっか油

出社時間がせまっていたから、超軽いトレースで型入れ。
保温箱に入れ忘れたため、夕方家に帰ってから慌てて保温箱へ。
ちゃんとせっけんになってくれればいいけれど。
[PR]
# by tsunotarou | 2005-07-06 17:00 | soap

結婚11年、新築一戸建て

7月2日、私たちは一戸建てを手に入れた。
その翌日7月3日は11回目の結婚記念日だった。

その日、私たちはいつものとおりすごした。
新しい家の準備、引越し手配、つなぎローンの手続きなどなど。
夕ご飯はレトルトのハンバーグだったし。
子供たちの世話をして、テレビを見たりして。

せめて感謝の言葉くらいはかけたほうがよかったかも。
いろいろとあった丸10年。
本当にいろいろありすぎて、一言がでてこないもんです。

とにかく、ありがとう。
これからもよろしく。
[PR]
# by tsunotarou | 2005-07-04 10:39 | family

やさしさを「強さ」に変える心理学(加藤締三著)

「やさしいが弱い人」

 自分のことだぁ~と思った。

「自分の意思がない人」

 そうそう、こんな自分が嫌いなんだ。

「感情的恐喝」
 
 友達との付き合いになじめないものを感じていた・・・。 
 他人からいいように扱われてる、都合のいい人にはなりたくない、と思っていた。
 だから、その友達との接触をかなり意識的に避けていた。
 やさしくて弱い自分は、周りから感情的恐喝にあっていただけなんだ。
 苛められていたんだ。 
 つけこまれていただけなんだ。

 そして。
 私は子供を苛めていたのではないか。
 夫を苛めていたのではないか。
 「弱い自分」をさらけだして。
 それはある意味「感情的恐喝」なんじゃないか。
 いや、神経症的な自分は、家族を傷つけてきたのではないか。
 自分にとって一番大切なものなのに。
 

「あなたは弱いから苛められる」と正面切って言われて、すっきりした気分。
生き方Howto本を何冊もよんだけど、どうも精神論的だったり、小手先だったりで素直に受け入れられなかった。
この本を読んで、なぜ自分がこんなに苦々しい思いをして生きてきたのか、が紐解かれた気がする。
苛める人の心理が詳しくわかったし、苛められる人の心理もよくわかったし。
今までの自分がわかれば、次にどうすればいいのか考えられる。
うまくいえないけれど、少しは変われそうな気がする。

いい本に出合えたことに感謝。
落ち込んだときにまた読むだろう。
[PR]
# by tsunotarou | 2005-05-14 01:04 | books

32才ガンエヴォリューション

「VP」の前に出版された故奥山貴宏氏のWeb日記、Weblog。
日記、ブログはずっと目を通してきたつもりだが、改めて読み直す。
適宜推敲されていて、読みやすくなっている気がする。
一般受けする、というか、書籍としての精度を高めるために、
無駄、不要と思われる部分などを省いたのであろう。
リアルタイムで更新されていた日記、ブログの迫力とはまた違うものだ、と感じた。
この前作「31歳ガン漂流」とともに読むべき本だろう。

人は何かを残すために生まれてきた。

彼がガン宣告される以前に結婚していたり、子供がいたりしたならば、
彼の生き様はきっと違っていたと思う。
仮定の話をしても仕方がないとは思うが。

もしも、今自分が余命2年と宣告されたならば、
家族のために生きる。
他人が私のことを忘れ去っても痛くもかゆくもないが、
夫、子供には忘れてもらいたくない。
そのために残りの時間を捧げるだろう。

誰しも命には限りがある。
それを前提に、それを意識して生きられるかどうか。
というか、生きて生きたいものだ。

今の自分はRockか?

常に問い続けよう。
[PR]
# by tsunotarou | 2005-05-03 02:21 | books

少年野球考

息子の所属するチームSはとても強い。

とにかく強い。

監督息子M、コーチ息子Rなど、野球センスあふれる子供が多い。
特に監督息子Mは、将来プロになるだろう。

しかし。

「勝つこと」にこだわりすぎる監督采配は、
ベンチ選手の親には不評だ。

とても。

かくして、わが息子。
野球センスはイマイチ。
しかも、監督息子Mとポジション争い。
公式戦で先発ででたことは、ほとんどない。
試合の勝ちがほぼ決まった時点で、後半1回か2回ほど出るだけ。

監督息子Mは、どのポジションでもずばぬけてうまくこなすが、
不器用な息子ができるポジションは限られるため、
試合にでられる時間はレギュラーの半分以下だ。

それでも、チーム一大きな声を出し、仲間を励ましている。

うちの息子は、それでもまだ試合に出させてもらえてるほうなのだろう。
もっともっと悔しい思いをしている子供は何人もいる。

小学生の少年野球チームは「プロ野球選手養成集団」であってほしくない。
「勝ち」にこだわりすぎるチーム運営ではなく、
野球を楽しむこと、野球好きな少年を一人でも増やすこと、
これにもう少しウエイトをおいてほしい。

「今のチーム方針がいやならやめればいいじゃん」

私も夫も、もちろん、辞めることを視野にいれて考えていた。
しかし、息子が「いまのチームがいい」といったから、
じゃぁ、思っていることを伝えたほうがいい、と
監督妻に私がおもっていたことを話した。

そしたら、監督妻、監督夫婦の腰ぎんちゃくK、コーチ妻あたりから
総スカンかよ。

ったく、だから女は嫌いだよ。
女子高か、ここは。

・・・しかし、ここはぐっと我慢だ、息子のために。
あのチームを辞めるつもりがないから、私は口を開いたのだ。

少年野球チームS改造計画。
粛々と進めてみせる。
[PR]
# by tsunotarou | 2005-04-30 00:34 | etc

Vanishing Point

故奥山貴宏氏の著書。自叙伝的小説。
31歳で肺がんを宣告され、「生きる」こと~「文章を書く」こと~にこだわり続けてきた。
そのスタートであり集大成であり遺作となった作品。

私の妹の知人である。

かれの日記、ブログ、ガン漂流などはずっと読んできた。

『死と向き合うことは生と向き合うことと同じである。』

これは、「ブラックジャックによろしく」に書かれていたセリフだったと思うが、
彼はそのとおりにに生き抜いたと思う。

ドラッグにおぼれた日々も事実としてあったのだろう。
フリーのライターになり、仕事を少しずつこなし、
彼なりの手ごたえを感じ始めたころ、のガン宣告。
そこからの彼の生き様は、web日記ブログを読んでいただければわかることだが、
すごい、としかいいようがない。

命を削り、魂をこめて書き上げた小説。

ただ生きるな、良く生きよ

この言葉を体言して逝った彼の生き様を、私は決して忘れない。
[PR]
# by tsunotarou | 2005-04-17 23:19 | books

少年H

書店で手に取って買った本。
第二次世界大戦中の少年の日常がつづられている。
「戦争」という日常を生きた少年の心がつづられている。

生きることに精一杯の時代に生きた人々を思うと
精一杯生きることとは何か?と悩む自分がちっぽけに思える。
「必死」という言葉はもはや死語に等しい。
あの時代と比べると物質的に贅沢になった分、
現代は人々の心のどこかに穴があいてしまっているのだろうな、と思う。

この本を読みながら、「二つの祖国」(山崎豊子著)を思い出した。
広島原爆、日系2世、東条英機などなど、キーワードが出てくるのだ。
ま、時代背景が同じだから当然なのだが。
第二次世界大戦も、その立場によって苦しみが違う。
ただ、戦争中はどのような立場であろうとも、人々は傷つくのだ。

普通に生きている人たちの心を本当に傷つける。
魂を傷つける。
生命を傷つける。

イラク攻撃でも、イラクで普通に暮らしていた人たちが、
必要に迫られて銃を持ち、攻めてくるものたち相手に戦わなければならなくなる。
そういう状況に追い込まれてしまう。
正義、とかきれいごとではなく、そうしなければ自らの命が危ういのだ。
「命が脅かされている状況」、これは尋常ではない。
尋常でない状況下で、人は精神的に尋常ではいられない生き物なのだ。

中国の対日感情が悪化している今日この頃。
私も含め一般の人々を巻き込む「戦争」という事態にいたらないように、
本当に願う。
[PR]
# by tsunotarou | 2005-04-15 01:04 | books